抜け毛の予防


睡眠と適度な運動が抜け毛予防

十分な睡眠と適度な運動をしてはげ・抜け毛を予防し発毛を促進します
十分な睡眠と適度な運動は、発毛を促進し、また、抜け毛をしっかり予防します。血液は、私たちが起きている間は内臓、寝ている間は皮膚に多く流れているので、髪は夜の方がよく伸びると言われます。

また、睡眠不足によって自律神経が乱れると、髪の成長を妨げます。自律神経というのは、僕たち人間がコントロールすることができません。コントロールといえるかどうか分かりませんが、もしできるとしたら、腹式呼吸をすることくらいです。勉強や仕事、趣味などに時間を使ってしまうのはよく理解できますが、できるだけ睡眠をとることが大切です。(最低6時間)適度な運動は、全身の身体機能を高め、血行を良くします。軽く汗ばむ程度の運動を毎日30分程度したとこですね。

しっかり睡眠をとるというのは、発毛に繋がっているのはもちろんなんですが、睡眠不足は抜け毛の原因に繋がっていますから、しっかり睡眠をとってください。


栄養バランスがはげを予防

栄養バランスが最良のはげ予防
どうしてはげにアルカリ性食品が良いのかというと、アルカリ性食品を多く食べることで、血液をできるだけサラサラにしたいんです。どうして血液をサラサラにすることが、抜け毛予防になるなのかというと、頭皮の毛根部分を通っている血管ていうのが、毛細血管なんですね。つまり血管が細いです。ドロドロの血液だと、この細い毛細血管をスムーズに通ってくれません。

抜け毛予防するためであったり、発毛を促進することだったり、そもそも健康な髪をつくるためには、血行不良は本当に大敵です。ですから、血行を良くするためにも、普段の食事から、アルカリ性食品を摂りたいんですね。確かにマッサージをして血行を良くする方法もあるけど、僕ら人間にとって食事の影響力は、健康を左右されるくらい大きいものでもあるので、食事から、そして身体の中から改善していきたいんです。

抜け毛予防することや脱毛をとめること、また発毛・育毛を促進させていく上で、食生活改善は基本的な部分でもあり、一番大切な部分でもあります。本当です。ですから、「どうにか抜け毛を減らしたい」「脱毛をとめたい」「今のうちに抜け毛予防をしときたい」と真剣に思うんだったら、食生活改善をしてください。


ヘアカラーもはげの原因?

ヘアカラーも抜け毛の原因
中高年の年配の方の、白髪染めやオシャレ染め、そして若者のファッションとしての茶髪を始め、金髪・銀髪・青髪・赤髪などなど、今では何百種類もありますね。ヘアカラーなんかと言っても、要は毛染めですね。毛染めっていうのは、非常に浸透性の高い物質です。何が言いたいかというと、頭皮の細部である毛母細胞にまで入り込んで、定着してしまいます。ですから、頭皮に良いわけがなく、毛染めの類はやめた方が良いんですね。

特に脱色はもってのほかですよ。抜け毛を促進させてしまいますから。脱色に使われる薬剤は、髪の色素を破壊することによって脱色してるから、当然生き物の細胞まで破壊してしまいます。人間の皮膚も、毛髪も、無数の細胞によってできています。ですから、脱色したりすると、かなりのダメージを受けることになるんですね。

見た目のカッコ良さやオシャレを楽しみたいのもよく理解できます。みんな気持ちは同じです。ですから、毛染めを使用するときは、毛根を傷つけないように、せめて頭皮に直接付着しないようにしてください。おそらく誰でも気をつけている部分だとは思いますが、頭皮に付着しなようにするっていうのは結構難しいかもしれないですね。ただ、ヘアカラーをやめるだけでも、抜け毛の予防になり、発毛・育毛促進につながります。できるならやめましょう。髪の色が黒でも茶色にするより、服のセンスなど、違う部分のセンスを伸ばしたいですね。


髪の手入れをするときの注意点

髪の手入れをするときの注意点
抜け毛が心配だからとあまり髪を洗わなかったり、逆にゴシゴシと洗ってはいないでしょうか? 抜け毛予防のためには、正しい髪の手入れが必要です。 特にシャンプーのしかたは抜け毛には重要です。

シャンプー
1. 40度くらいのお湯で、まず十分に髪を濡らしましょう。 あまり熱いお湯を使ってはいけません。

2. シャンプーは直接頭にかけないで、お湯で薄めて髪に塗り込みましょう。 そして、爪を立てず指の腹で頭皮をもむように洗いましょう。

3. 洗い終わったら一度すすぎ、もう一度シャンプーをします。 洗い終わったら、シャンプーが残らないように完全に洗い流しましょう。

4. リンスを使う場合は、頭皮に塗り込まず、髪につけましょう。

5. 髪を乾かす時には、乾いたタオルを軽く押し当てたり、つまみながら水分を取りましょう。 髪と髪をゴシゴシこすり合わせてはいけません。

6. ドライヤーを使うなら、低い温度設定で、髪から15cm以上離して動かしながらあてましょう。 また完全に乾かすのではなく、8割くらいを乾かすようにするのが良いでしょう。


ストレスをため過ぎない

ストレスをため過ぎないようにしましょう
過度のストレスは頭皮の血行を悪くし抜け毛原因となります。 自分なりのストレス発散方法を見つけるようにしましょう。

ここにまた過度のタバコやお酒などを入れてしまうと、抜け毛に対して本末転倒なので、気をつけて下さい。また髪型にも注意しましょう。ポニーテールのような髪を強く引っ張る髪型を続けていると、毛組織の血行が悪くなり抜け毛になる場合があります。 時々髪型を変えたり、あまり強く引っ張らないように心がけましょう。男性の場合はあまりポニーテールはないでしょうが。

つまりは頭皮や髪自体に刺激を与えない事が抜け毛予防方法のひとつなのです。


生活習慣を整えましょう

生活習慣を整えましょう
十分な睡眠をとりましょう。 抜け毛など昼に受けた髪や皮膚のダメージは寝ている間に働く免疫細胞やホルモンによって修復されています。 また夜ふかしをすると、毛母細胞の分裂は低下してしまうので、抜け毛につながります。できるだけ早寝を心がけましょう。また目の使い過ぎにも注意したほうが良いでしょう。 食生活にも気をつけましょう。 毛髪自体はタンパク質を主成分としていますので、健康な髪の成長のためには、良質のタンパク質を含んだ食品を多く取ることが基本です。 また、成長を活性化するビタミンやミネラルを十分に摂取することも抜け毛防ぐのに大切です。


できれば禁煙しましょう

できれば禁煙しましょう
頭皮の血行が悪ければ、十分な栄養も行き渡らず抜け毛につながります。血管を収縮させ血行不良の原因になるタバコは良くありません。お酒もほどほどに。飲みすぎると体内で必要なタンパク質を作ることができず、毛髪の成長を妨げ、抜け毛原因となります。抜け毛に限った事ではないですが、生活習慣に入れておくだけで他の面でも貴方の手助けになるはずです。単純にタバコは百害あって一利もないと言われています。買わなければ、金銭面でも貴方の力になってくれますね。いきなり禁煙が難しいという方も、最近は色々な禁煙グッズが薬局等に出回っていますので、是非、チェックしてみましょう。


洗髪には気をつけましょう

洗髪には気をつけましょう
過度の洗髪や、また逆に洗髪を怠って不潔にするのは、抜け毛の大きな原因となります。 2日に1回くらいが適当とされています。

また自分の髪や頭皮に合わないシャンプーを使ったり、十分なすすぎを怠ったり、地肌を痛めるような洗髪も抜け毛の大きな問題です。 適切なシャンプーは頭皮のマッサージ効果も高く、血行促進になります。その辺りの理解をした上で頭皮、地肌の事を考えながらの洗髪・・・。念頭に入れていきましょう。

そういう小さなところから抜け毛予防できます。努力の積み重ねが繋がっていくのはどんな事でも同じです。抜け毛を防ぎたいと思っているのならば、気をつけましょう